兼六園となりにあるパワースポット「石浦神社」

石浦神社

石浦神社(いしうらじんじゃ)は、広坂という大きな交差点の角にあって、兼六園の真弓坂口の、すぐ真向かいにある神社です。

石浦神社は、金沢で一番古い神社といわれています。

縁むすび、厄よけ、などにご利益があるとして、多くの人が訪れるパワースポットでもあります。

石浦神社について

石浦神社
石浦神社は、石川県金沢市本多町にあって、広坂という大きな交差点の一角にあります。

石浦神社は、兼六園の真弓坂口・金沢21世紀美術館の向かい、石川県立美術館のとなりにあります。

石浦神社の歴史

石浦神社の歴史
石浦神社が作られた経緯は、いくつか説があるようですが、もともとは、「三輪神社」と言われていたそうです。

奈良時代、室町時代、江戸時代と、世の中が動くにつれて、

  • 石浦山王
  • 地主権現
  • 長谷山慈光院

となまえが変わり、石浦神社になったのは明治元年(1868年)のことです。

江戸時代の加賀藩主にも、親しまれていて、2代目の利長(としなが)は社殿をつくり、5代目の綱紀(つなのり)は、安産をお祈りしたようです。

石浦神社は、加賀藩にゆかりある神社と言えそうですね。

石浦神社のごりやく(ご祭神)

石浦神社のご利益
石浦神社には、下記のご利益があると言われています。

  • 縁むすび
  • 厄よけ
  • 安産
  • 家内安全

石浦神社に祭られている、神さま(ご祭神)は下記のとおりです。

  • 大物主大神(おおものぬしのかみ)
  • 大山咋大神(おおやまくいのかみ)
  • 菊理媛大神(くくりひめのかみ)
  • 天照皇大神(あまてらすおおみかみ)
  • 天兒屋根大神(あめのこやねのみこ)
  • 市杵島姫大神(いちきしまひめ)

石浦神社にいくと、上の写真のように、ものすごい数のおみくじが、結ばれいてビックリするのですが、お参りしている人が多いことが、わかります

絵馬の小径

絵馬の小径
兼六園の真弓坂口が、すぐ見えるところに、写真のような、赤いちいさな鳥居が、いくつも並んでいる、場所があります。

このほそい小道は、「絵馬の小径」といわれています。

すし塚

すし塚
石浦神社の本殿のわきに、すし塚という、大きな石碑があります。

すし塚には、「加賀のすし つやつやと良き 燈下かな」、とあります。

「加賀のすしは、明かりのしたで、つやつやしてる」

おすしに関連した塚のようですね。

湧き水

湧き水
石浦神社のすし塚のおくに、「御手洗池」という、湧き水があります。

奈良時代の僧で、東大寺をつくったといわれる行基(ぎょうき)が、この地を旅したとき、疲れた足をこの湧き水にいれたところ、すぐに回復したそうです。

ちかくで見ると、よどんた池のように見えますが、湧き水なんですね。

石浦神社から、石川県立美術館ほうめんに向かって坂道を上がると、金澤神社があり、そこにも湧き水がありました。

このあたりは、湧き水がでる場所なのでしょう。

まとめ

まとめ

  • 金沢でいちばん古い神社と言われている
  • 縁むすび、厄よけ、安産、交通安全などにご利益がある
  • 兼六園の真弓坂口の目の前にある
  • 金沢21世紀美術館、石川県立美術館もすぐそばにある
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です