越前大野城

越前大野城は、福井県大野市にある観光スポットです。

越前大野城は、織田信長の家臣・金森長近が建てたお城で、標高249メートルの平山城です。

石垣以外の建物は、明治時代に取り壊され、天守は昭和になり、人工的に再建されました。

越前大野城の近くには、武家屋敷や湧水が湧いているスポットなどがあり、福井名物のおろしそばが食べられる人気のお蕎麦屋さんもあります。

以下に、越前大野城の見どころ、最寄り観光スポット、越前大野城のグルメ、アクセス方法、駐車場について、詳しく紹介しています。

越前大野城の営業時間・定休日などは、基本情報に記載しています。

越前大野城について

越前大野城

越前大野城は、福井県大野市にあるお城で、織田信長の家臣・金森長近(かなもりながちか)によって、建てられました。

1575年(天正3年)、織田信長は、家臣の金森長近と原政茂(はらながより)に、越前国で起きていた一向一揆を収束させ、金森長近は、そのほうびとして、越前国大野郡のうち、3万石を与えられました。

金森長近は、はじめは、今の大野城から約1キロメートル離れた、戌山城(いぬやまじょう)に住んでいましたが、その後、越前大野城を作り始めました。

越前大野城は、標高249メートルの亀山に作られた、平山城(ひらやまじょう)です。

※平山城は、山や丘などに建てられた城のことです。

越前大野城は、安永4年(1775)の大火事で、本丸が焼けてしまい、寛政7年(1795)に再建されました。

明治時代になり、石垣は残されたものの、お城は取り壊されてしまいました。

現在の越前大野城の天守は、昭和43年(1968)に、旧士族であった萩原貞(はぎわらてい)氏の寄付によって、再建されたものです。

見どころ

越前大野城

越前大野城の見どころには、天守からの眺め、野面積みの石垣、天守内の資料館などがあり、以下に紹介します。

天守からの眺め

越前大野城

越前大野城は、標高249メートルの高台にあり、天守の周りは金網が張られているため、直接的な眺めは良くないですが、金網の隙間から、周囲を一望できます。


この動画は、越前大野城の天守から撮ったものです。

野面積みの石垣

越前大野城の石垣

野面積みの石垣は、加工していない自然の石を、そのまま積み上げた石垣のことで、越前大野城の石垣は「野面積み」の手法で積まれています。

野面積みの石垣は、福井県坂井市にある丸岡城や、石川県金沢市にある金沢城などでも、使われています。

天守内の資料館

越前大野城

越前大野城の天守は、人工的に再建されたもので、天守内は資料館になっています。

資料館には、越前大野城の当時の資料や、甲冑などが展示されています。

最寄り観光スポット

御清水

越前大野城の最寄観光スポットは、御清水(おしょうず)、武家屋敷旧内山家、武家屋敷旧田村家などがあり、以下に、紹介します。

いずれも、観光客がたくさん訪れるような、メジャーな観光スポットではなく、観光客がまばらな小さな観光スポットです。

御清水(おしょうず)

御清水

御清水は、湧き水が飲めるスポットで、1985年(昭和60年)当時の、環境庁名水百選にも選ばれた水です。

御清水は、その昔は、お殿様のご用水として使われていた歴史ある水で、一年を通じて、15度前後で、夏は冷たくて、冬はあたたかい軟水の水です。

※御清水(おしょうず)の詳細はこちら

武家屋敷旧内山家

武家屋敷旧内山家

武家屋敷旧内山家は、第7代の大野藩主・土井利忠(どいとしただ)の右腕だった内山兄弟(内山七郎右衛門良休(うちやましちろうえもん りょうきゅう)と、内山隆佐良隆(りょうすけやすたか)の偉業を称えるために残されている屋敷です

武家屋敷旧内山家の母屋は、1882年(明治15年)ころに建てらたもので、登録有形文化財に登録され、歴史的、芸術的に価値の高いものとして、認められています。

越前大野城から徒歩1分の場所にあります。

※武家屋敷旧内山家の詳細はこちら

武家屋敷旧田村家

武家屋敷旧田村家

武家屋敷旧田村家は、越前大野城から徒歩3分の場所にあり、田村家は、江戸時代から明治初期にかけて、大野藩の家老を務めた家柄です。

田村家の元々の屋敷は、文政10年(1827年)に発生した、火事で焼けてしまったため、農村から家を持ってきて、改築を行ったのが、現在の旧田村家の屋敷です。

旧田村家は、旧内山家より、さらにスケールが小さい屋敷になります。

※武家屋敷旧田村家の詳細はこちら

越前大野城のグルメ

おろしそば

越前大野城のグルメには、福井県の名物「お蕎麦」や「ソースかつ」などがありますが、ここでは、2軒のお蕎麦屋さんを厳選しています。

福井県は、「越前そば」の発祥地で、お蕎麦が美味しいことで知られており、また、そばの産地でもあります。

福井県では、品種改良を行わない昔ながらのやり方でそばを作っており、越前大野城がある大野市でも、「大野在来そば」が生産されています。

福井県のお蕎麦の定番は「おろしそば」で、有名店では、絶品のおそばを食べることができます。

以下に、福そば本店、そば処 七間本陣を紹介します。

福そば本店

福そば本店

福そば本店は、大野市にあるお蕎麦の有名店で、地元で採れる大野在来そばを使い、そば粉100%の「10割そば」を提供しています。

福そば本店のメニューは、福井県定番のおろしそば540円、ざるそば740円、とろろおろしそば740円、山菜おろしそば740円などがあります。

私が、はじめて福井県のお蕎麦を食べたのは、福そば本店で、他にも、福井市にある有名そば店で食べましたが、やはりこのお店の「おろしそば」が絶品だと思います。

※福そば本店の詳細はこちら

そば処 七間本陣

そば処 七間本陣

そば処七間本陣は、越前大野城から徒歩1分の場所にあり、このお店も、つなぎを使わない、福井県産のそば粉100%の10割そばを提供しています。

店内は、テーブル7つほどのこじんまりした空間で、メニューには、おろしそば650円、もりそば790円、とろろそば1,015円などがあります。

※そば処 七間本陣の詳細はこちら

越前大野城へのアクセス

アクセス

越前大野城へのアクセス方法には、車または電車のいずれかがあります。

金沢駅から車でアクセスする場合、金沢駅から約1時間30分、小松空港から約1時間、加賀温泉郷(山代温泉・山中温泉・片山津温泉)から、車で約1時間、福井駅から約40分で、越前大野城に到着します。

電車でアクセスする場合、まず福井駅まで行き、越美北線(えつみほくせん)に乗り換え、越前大野駅で下車します。

越前大野駅から、越前大野城の入口駐車場まで、徒歩約5分です。

※越前大野城へのアクセスの詳細はこちら

越前大野城の駐車場

越前大野城

越前大野城の駐車場には、無料の多目的駐車場「結(ゆい)ステーション」を利用します。

結ステーションは、越前大野城の登り口である「柳廼社(やなぎのやしろ)」神社から、徒歩約30秒の場所にあります。

※結ステーションの詳細はこちら

越前大野城の基本情報

越前大野城

【名前】越前大野城
【営業時間】4月~9月:9:00~17:00、10月~11月:6:00~16:00
【定休日】12月1日~3月31日
【料金】大人200円(高校生以上)、小人無料(中学生以下)、大人100円(30名以上の団体)
【住所】〒912-0087 福井県大野市城町3−109
【電話】0779-66-0234
【アクセス】
【駐車場】あり(絆ステーション)
【HP】https://www.onocastle.net/

越前大野城の地図

作成日:2019年8月9日
更新日:2019年8月30日