石川県立伝統産業工芸館

石川県立伝統産業工芸館は、石川県の36種類の伝統工芸品が展示されている観光スポットです。

石川県は、江戸時代に加賀藩主の前田家が、江戸や京都から有名な絵師や名工を招き、工芸家の育成をしたことから、多くの工芸品が残っています。また、第二次世界大戦で、米軍の空襲を受けなかったことも、伝統工芸が残っている理由でもあります。

九谷焼・加賀友禅・輪島塗などは、誰でも知っている工芸品ですが、それ以外にもユニークで気品ある工芸品が多数展示されています。

36種類の伝統工芸品の中から、代表的な下記13の伝統工芸品について、以下に紹介します。

加賀ぬい、加賀友禅、九谷焼、輪島塗、山中漆器、牛首つむぎ、金沢箔、金沢仏壇、桐工芸、大樋焼、加賀竿、七尾和ろうそく、金沢和傘

石川県立伝統産業工芸館の営業時間・料金・定休日などは、基本情報に記載しています。

石川県立伝統産業工芸館について

石川県立伝統産業工芸館

石川県立伝統産業工芸館は、石川県の36種類の伝統工芸品が展示されている観光スポットです。

石川県の地は、室町・戦国時代、約100年間にわたり、浄土真宗信徒による一向一揆群によって支配されており、その後、江戸時代になり、加賀藩主の前田家が石川の地を治め、多くの工芸品が育成されました。

そのため、石川県には、信仰に端を発した工芸品や、江戸時代に前田家が育成した工芸品が残っており、石川県立伝統産業工芸館には、そのなかから、36種類の工芸品が展示されています。

石川県立伝統産業工芸館

石川県立伝統産業工芸館の1階は、受付と伝統工芸品の販売スペースがあり、2階に、36種類の伝統工芸品が展示されています。

休日には、伝統文化の体験会なども開催されています。

石川県立伝統産業工芸館は、兼六園の小立野口の隣にあり、収容台数12台の駐車場も完備されています。

石川県立伝統産業工芸館の料金は、65才以上200円(団体200円)、18才以上260円(団体200円)、6才~17才100円(団体200円)
0才~5才無料
です。

また、石川県立伝統産業工芸館は、兼六園と石川県立伝統産業工芸館の両方を利用した場合に、料金が割安になる「兼六園ぷらす1」の対象です。

※「兼六園ぷらす1」の詳細はこちら↓

36種類の工芸品について

石川県立伝統産業工芸館

36種類の工芸館は、下記のとおりです。

加賀ぬい、加賀友禅、九谷焼、輪島塗、山中漆器、牛首つむぎ、金沢漆器、金沢箔、金沢仏壇、七尾仏壇、桐工芸、檜細工、美川仏壇、加賀けばり、和紙、珠洲焼、金沢表具、手捺染型彫刻、大樋焼、加賀竿、竹細工、加賀水引細工、茶の湯釜、鶴来打刃物、能登上布、加賀象嵌、七尾和ろうそく、能登花火、銅鑼、加賀提灯、郷土玩具、琴、三弦、太鼓、加賀獅子頭、金沢和傘

以下に、代表的な13の伝統工芸品について、紹介します。下記13の工芸品は、金沢にあるお土産屋さんでも、見かけるものです。

加賀ぬい、加賀友禅、九谷焼、輪島塗、山中漆器、牛首つむぎ、金沢箔、金沢仏壇、桐工芸、大樋焼、加賀竿、七尾和ろうそく、金沢和傘

加賀ぬい

加賀ぬい

加賀ぬいは、刺繍(ししゅう)のことで、もともとは、仏様の姿を糸で表す繍仏(しゅうぶつ)から始まり、金や銀など100種類もの糸を使い、当時は藩主の羽織(はおり)や、奥方様の着物などに使われていました。

加賀ぬいは、可愛らしい色使いや形と、気品があるのが特徴です。

加賀友禅

加賀友禅

加賀友禅の友禅(ゆうぜん)とは、布に模様を染める技法のひとつです。

金沢生まれの有名な絵師で、加賀友禅を作った宮崎友禅(みやざきゆうぜん)の名前から付けられたものです。

加賀五彩といわれる、藍(あい)、臙脂(えんじ)、草、黄土、古代紫、の色を使い、落ち着いた気品さが特徴です。

九谷焼

九谷焼

九谷焼は、後藤才次郎(ごとうさいじろう)が、加賀藩の命令によって、九谷村(石川県加賀市)で開壺したのがはじまりです。

九谷焼は、青、緑、黄などの濃い色を主に使い、あざやかな色使いが特徴的です。

輪島塗

輪島塗

輪島塗は、石川県輪島市で作られている漆器です。

輪島塗は、耐久性が高く、金粉や銀粉を使った美しい装飾が特徴です。

山中漆器

山中漆器

山中漆器の歴史は、安土桃山時代、加賀市山中温泉の集落に木地師の集団が移住したことに始まります。

山中漆器は、木地に入った極細の筋や、豪華な蒔絵などが特徴です。

牛首紬

牛首紬

牛首紬は、生産地である牛首村(現在の石川県白山市白峰)という地名から付いた名前です。

釘に引っかけても釘の方が抜ける、と言われるほど丈夫なことから「釘抜紬(くぎぬきつむぎ)」とも呼ばれています。

金沢箔

石川県立伝統産業工芸館

金沢箔は、金箔(きんぱく)のことで、箔(はく)とは、金合金を薄くたたいて、伸ばしたものです。

現在、日本にある金箔は、ほぼ100%、金沢で生産され、品質が高く美しいのが、特徴的です。

江戸時代には、江戸幕府や天皇がいた京都以外での金箔作りは制限されていましたが、加賀藩では、内密に作っていて、今に伝わっています。

金沢仏壇

金澤仏壇

金澤仏壇は、上品な蒔絵(まきえ)が特徴で、金糸の刺繍がされ、象牙(ぞうげ)や象嵌(ぞうがん)、金箔がふんだんに使われた、豪華な仏壇です。

蒔絵(まきえ)は、漆で絵や文字を書き、金粉や銀粉なとで固める技法です。

桐工芸

桐工芸

桐工芸は、名前の通り、桐の木から作る工芸品で、木の表面に、美しい蒔絵(まきえ)がされているのが特徴です。

大樋焼

大樋焼

大樋焼は、1666年(寛文6年)、5代藩主綱紀が、お茶の文化を広めようと、京都から裏千家四世を招いたのが始まりです。

大樋焼はろくろを使わず、手とヘラによって一つひとつ丁寧に作られているのが特徴です。

加賀竿

加賀竿

加賀竿は、竹を高温加熱し、漆で補強した頑丈さが特徴です。

江戸時代に、加賀藩が、藩士の鍛錬のため釣りを奨励していたことから、加賀竿が生まれました。

七尾和ろうそく

七尾和ろうそく

七尾和ろうそくは、植物由来の原料を使い、安定した美しい光が特徴です。

ろうそくは仏教の普及とともに、仏壇に使う灯りとして広まったものと言われています。

金沢和傘

金沢和傘

金沢和傘は、傘の柄に、日本で採れる孟宗竹(モウソウチク)、生地には4重に張った和紙を使い、丈夫なのが特徴です。

伝統産業工芸館の基本情報

石川県立伝統産業工芸館

【住所】金沢市兼六町1番1号
【連絡先】076-262-2020
【営業時間】9:00~17:00(入館は16:45まで)
【定休日】
4月~11月は、毎月第3木曜日
12月~3月は、毎週木曜日及び年末・年始(祝日が木曜日は除く)
【展示スペース料金】
65才以上:200円(団体200円)
18才以上:260円(団体200円)
6才~17才:100円(団体200円)
0才~5才:無料
※団体は30名以上
※障害者の方とその付き添い1名は障害者手帳の提示により無料
※石川県立伝統産業工芸館は、「兼六園プラス1」チケットの対象です。
詳しくはこちら↓


【駐車場】12台(障害者用スペース1台を含む)

伝統産業工芸館の地図

石川県立伝統産業工芸館・訪問日:2018年10月20日、11月24日、12月1日
作成日:2019年6月10日
更新日:2019年8月29日
更新日:2019年9月8日

参考文献:
・石川県立伝統産業工芸館、「伝統工芸36業種」
http://www.ishikawa-densankan.jp/craft/index.html(参照:2019/6/10)