2018年の兼六園の紅葉まとめ「見頃は11月25日まで」

兼六園の紅葉

きょうは、2018年の兼六園の紅葉まとめ「見頃は11月25日まで」、についてです。

兼六園は、石川県金沢市にある庭園で、ミシュラン観光版で最高ランク3つ星をとっている、世界的に有名な観光スポットであり、石川県ならびに北陸地方のなかで、もっとも有名な紅葉スポットでもあります。


2018年11月24日(土)に、兼六園で撮った紅葉です。

紅葉のじゅうたんと、そのわきを流れる川が背景になって、紅葉がとてもキレイですね。

その年によっても異なりますが、「2018年、兼六園の紅葉の見頃は、11月上旬から12月上旬」と、紅葉シーズンに入るまえに、いくつかの紅葉情報誌に書かれていました。

2018年11月28日げんざい、兼六園の紅葉は、ほぼ終わりを向かえていますが、本当のところ、

  • 2018年、兼六園の紅葉の見頃は、いつだったのか。
  • 2018年、兼六園ではどんな紅葉が見れたのか。

については、気になるところです。

兼六園には、2018年10月26日(金)、10月30日(火)、11月7日(水)、11月24日(土)、11月25日(日)、に行っていて、紅葉のようすをみていました。

きょうは、その体験をふまえ、写真と画像付きで、2018年の兼六園の紅葉について、まとめたいと思います。

2018年、兼六園の紅葉まとめ

2018年、兼六園の紅葉の見ごろについて

兼六園の紅葉の見ごろについて
兼六園には、もみじ、けやきなど、紅葉シーズンに素晴らしい景色を見せてくれる木々が、たくさん植えられています。

2018年の兼六園の紅葉の見ごろは、11月上旬から12月上旬で、色づきはじめは11月上旬と、言われていました。

このブログは、2018年11月28日に書いてるので、少し早いですが、紅葉の予報情報とくらべて、どうだったのか、見ていきたいと思います。

2018年11月上旬の紅葉について

10月26日の兼六園の紅葉
これは、2018年10月26日(金)、兼六園で紅葉している木を撮ったものです。


おなじく、2018年10月26日(金)、紅葉シーズンには、とても美しい紅葉が見れる、兼六園の山崎山ふもとのようすです。

1本のカエデだけ、色づきはじめましたが、まわりの木々は、緑のままですね。

2018年11月7日の兼六園の紅葉
2018年11月7日(水)、兼六園の紅葉です。

だいぶ、色づき始めていますね。


おなじく、2018年11月7日(水)、兼六園の根上松の裏にある紅葉です。

このカエデは、11月24日に行ったときには、枯れていたので、11月上旬から中旬くらいが、紅葉のピークだったのでしょう。

まとめると、事前の紅葉情報のとおり、2018年は、11月上旬から色づきはじめていて、場所によっては、紅葉のピークをむかえていました。

2018年11月下旬の紅葉について

2018年11月24日の兼六園の紅葉
2018年11月24日(土)、兼六園の山崎山の頂上から撮った紅葉です。

とてもキレイですよね。

紅葉シーズンとしては、終わりにさしかかり、だいぶ、葉っぱも落ちていて、紅葉のじゅうたんができてます。


山崎山の頂上から撮った動画です。

2018年11月24日の兼六園の紅葉
これも、2018年11月24日(土)の写真です。

この紅葉も山崎山のふもとにあって、ちょうど、ピークを向かえている感じですが、あと少し紅葉が見れそうですね。

まとめると、11月下旬も、紅葉はとてもキレイに見れるけど、だいぶ、散っていました。

場所によっては、あと少し、紅葉が楽しめる感じです。

12月上旬までキレイに見れるかは、ちょっと疑問ですが、およそ、兼六園の紅葉情報は、当たっていたようですね。

2018年、兼六園で見れた紅葉について

2018年に兼六園で見れた紅葉について
ここでは、2018年11月7日、11月24日、11月25日の兼六園の紅葉で、とくにキレイだったものを、写真とを中心に、紹介したいと思います。

すでに、兼六園の紅葉にかんする2つのブログで、紹介しているのですが、おもに動画を中心にのせているため、今回は、そこに載せきれなかった写真を中心に、ピックアップしたいと思います。

2018年11月7日の紅葉については、こちらのブログにくわしく書いています。
【第18回】兼六園の紅葉スポットをまとめて紹介「ランキング形式」

2018年11月24日と25日の紅葉については、こちらのブログにくわしく書いています。
【第36回】2018年11月25日時点、兼六園の紅葉をまとめて紹介!

根上松のうしろの紅葉

根上松のうしろの紅葉
2018年11月7日(水)に撮った、兼六園の根上松のうしろの紅葉です。

ここの紅葉については、すでにブログでも紹介しているのですが、11月7日の紅葉としては、いちばんキレイなので、あらためて載せています。


こちらは、その動画です。

たくさんの人が、ここで立ち止まり、写真を撮っていました。

山崎山ふもとにひろがる紅葉

山崎山のふもとの紅葉
2018年11月24日(土)に、山崎山のふもとにある紅葉を撮ったものです。

兼六園には、曲水というキレイな川が流れているのですが、このあたりは曲水の上流ふきんで、川といっしょに紅葉が楽しめるぜいたくなところです。

山崎山のふもとの紅葉2
上の写真とは、べつの角度から撮ったものです。

山崎山のふもとを歩いている人々
2018年11月24日、山崎山のふもとには、紅葉を見るために、たくさんの人が歩いています。

工芸館のまえの紅葉

工芸館のまえの紅葉じゅうたん
2018年11月24日(土)に、工芸館のまえに広がる紅葉のじゅうたんです。

紅葉シーズンとしては、少しピークをすぎていることもあって、おおくの葉っぱが枯れて、地面に落ちているのですが、この工芸館のまえでは、美しい紅葉のじゅうたんを見ることができます。

ちなみに、工芸館は、九谷焼(くたにやき)、輪島塗(わじまぬり)、加賀繍(かがぬい)など、石川県のむかしながらの工芸品が展示されているところです。

色とりどりの紅葉
工芸館のまえでは、色とりどりの紅葉を見れるのも、特徴のひとつです。

浴衣を着た女性
浴衣をきた若い女性がたくさんいて、紅葉を背景に、インスタ映えする写真を撮っています。

海石塔(かいせきとう)と紅葉

海石塔と紅葉
2018年11月25日(日)に撮った、海石塔ふきんの紅葉です。

海石塔(かいせきとう)、塔にしてはめずらしい6層の塔で、

  • 金沢城にあった石塔の一部を移した
  • 加藤清正(かとうきよまさ)が、朝鮮出兵から持ち帰ったものを、豊臣秀吉が、加賀藩主の前田利家におくった

の2つの説がある塔ですが、いずれにしても、ふだんは観光客に注目されない、ものすごく地味な塔です。

くわしくは、こちらのブログに書いています。
【第1回】兼六園のみやびなスポット「瓢池と翠滝・海石塔・三芳庵」の魅力

海石塔とみどり滝と紅葉
べつの角度から撮ったものです。

地味な海石塔も、紅葉といっしょになると、見栄えするので、紅葉の威力はすごいですね。

うしろにある滝は、翠滝(みどりだき)で、すばらしい紅葉の景色が広がります。

竹根石手水鉢(たけねいしちょうずばち)と紅葉

竹根石手水鉢と紅葉
2018年11月25日(日)に撮った、竹根石手水鉢です。

竹根石手水鉢は、竹の根っこが、化石になった手水鉢(ちょうずばち)です。

厳密には、ヤシ類の木の化石なのですが、海石塔とおなじく、日ごろはほとんど注目を浴びないスポットです。

紅葉の葉っぱなどがあるだけで、地味なスポットに、少し風情がでてきますね。

まとめ

まとめ
ここまで、2018年の兼六園の紅葉まとめ「見頃は11月25日まで」、について見てきました。

ここまでのまとめは、下記のとおりです。

  • 11月7日は、紅葉の色づきが始まっていて、一部では、かなり紅葉がキレイに見れた。
  • 11月24日、25日には、かなり葉っぱが落ちていて、紅葉のじゅうたんが見れた。
  • 11月24日、25日は、紅葉のピークをすこし過ぎた感じで、枯れた感じの紅葉が見れた。
  • 11月24日、25日でも、一部の場所では、紅葉のピークをむかえていた。

2018年の兼六園の紅葉は、11月15日前後から、11月20日くらいまでが、紅葉のピークだったようです。

結論としては、下記のとおりです。

  • 2018年、兼六園の紅葉のみごろは、11月上旬から11月末ころまで。
  • 2018年、兼六園の紅葉のピークは、11月中旬ころ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です